高価だけど飲んでみた!ヤオコー「贅沢な完熟豆をじっくり淹れたふわっと香るアイスコーヒー」

2020-03-22

高価だけど飲んでみた!ヤオコー「贅沢な完熟豆をじっくり淹れたふわっと香るアイスコーヒー」

https://sakado-blog.net

坂戸図鑑の管理人

坂戸図鑑の管理人

生まれは春日部、育ちは鴻巣。埼玉県坂戸市には2016年から住んでいます。プロフィール

私はよくスジャータ「ホテルレストラン仕様コーヒー無糖」を飲んでいるんですが、今日は思い切ってヤオコー「贅沢な完熟豆をじっくり淹れたふわっと香るアイスコーヒー」を買ってみました。

「贅沢な完熟豆をじっくり淹れたふわっと香るアイスコーヒー」の売り場

お値段は、普通のアイスコーヒーの3倍はします。「ホテルレストラン仕様コーヒー無糖」でも高い(178円くらい)のでちょっと贅沢しているなと思っているのですが、ヤオコーのアイスコーヒーは300円以上。自分には高級品。

でも、コーヒーが好きだし、ヤオコーに行くたびに気になっていたので勇気を出して買って飲んでみました。

「贅沢な完熟豆をじっくり淹れたふわっと香るアイスコーヒー」の原材料名

原材料は「コーヒー」のみ。香料なんかは入っていません。

安いアイスコーヒーだと「香料」のほか、なぜか「乳化剤」なんかが入っていますが、「贅沢な完熟豆をじっくり淹れたふわっと香るアイスコーヒー」はコーヒー以外入っていません。

「贅沢な完熟豆をじっくり淹れたふわっと香るアイスコーヒー」の商品特徴

・原料へのこだわり
ブラジル ダ ラゴア農園で育んだ熟した果実からコーヒー豆を厳選することでコクと香りのある味わいに仕上げました。(ブラジル ダ ラゴア農園産完熟豆51%使用)

・ブレンドのこだわり
豊かなコクと滑らかな口当たり。甘く、華やかな香りが上質感を演出します。

・抽出のこだわり
ネルドリップでじっくりと抽出しました。滑らかな舌触り、コーヒーそのものの味わいをお楽しみください。

コップにコーヒーを入れてみると、心なしか色が濃いように思えました。

「贅沢な完熟豆をじっくり淹れたふわっと香るアイスコーヒー」を入れたコップ

よく、コーヒーの商品パッケージに記載のある味のバランスの指標を用いるとこんな感じでしょうか。

コク
酸味
苦味

※味の感じ方は人それぞれですので、あくまで参考程度に。

私は酸味が苦手(というか体が受け付けない)で、「モーニングブレンド」とかは酸っぱすぎて飲めません。空腹時に飲むと胃に違和感を覚えます。

でも、このコーヒーは酸味はあるものの、いやな酸っぱさではなく、なぜか飲みやすかったです。フルーティーな香りがふわっと口に広がり、苦味が後を引きます。

すごくおいしかったです。今まで飲んだアイスコーヒーの中で一番美味しかったです。

でも、やっぱりアイスコーヒーで300円は高すぎるんで、たまに買う程度にしたと思いました。

ヤオコーの記事をもっと見る

スポンサーリンク

あなたへのおすすめ

-ヤオコー

© 2020 坂戸図鑑