「川越」ってどんな街?知っておきたい3つの特徴

2019-06-09

川越とは
坂戸図鑑の管理人

坂戸図鑑の管理人

生まれは春日部、育ちは鴻巣。埼玉県坂戸市には2016年から住んでいます。プロフィール

川越を観光するならぜひ知っておきたい特徴を3つご紹介します。

川越は「蔵造りの城下町」

川越の街並み

川越の街並み

川越は、江戸時代より商人の町としてにぎわっていました。

「明治の大火」により中心街のほとんどが焼失しましたが、これを教訓に防火に優れた蔵造りの商家が建ち並ぶ、現在の街並みになりました。

23棟の蔵造りの建物は、国や市の文化財に認定されており、街並み全体も国の「重要伝統的建造物群保存地区」に認定されています。

蔵造の街並みを観光できるのは、川越駅から少し離れた「川越一番街」です。

川越は「小江戸」と称される街

川越の新河岸川

新河岸川

川越は、江戸時代には江戸の北の守りとともに、新河岸川の舟運を利用した物資の集積地として栄えてきました。

現代になっても、江戸時代を感じさせる情緒ある街並みが残っていることから「小江戸」と称されています。

川越といえば「いもグルメ」

川越の名物さつまいも

川越といえば「いも(さつまいも)」。当初は飢え対策として栽培されていましたが、そのいもが美味しいことから、いつしか川越の名物となりました。

江戸では、「栗(九里)より(四里)うまい十三里」と評判になりました。十三里とは川越いものことで、川越が江戸まで十三里あったことからそう名付けられた、という説があります。

ときも

ときも

川越市のマスコットキャラクター「ときも」も、いもをイメージしていますね。ちなみに、ときもは、「時の鐘(とき)」と「サツマイモ(いも)」が由来です。

ちなみに、さつまいものシーズンである9月ごろになると、川越市内の各農家で芋ほり体験が楽しめるようになります。

まとめ

川越は、江戸と関わりが深く、また江戸の風情を感じさせる蔵造りの商家が建ち並ぶため「小江戸」と称されています。

川越の名物はさつまいもで、蔵造の街並みを歩けばいもグルメを堪能できます。

あわせて知りたい川越情報

坂戸市周辺のホントに美味しかったパン屋まとめ

【地元坂戸市民が厳選】埼玉県坂戸市周辺(若葉駅・坂戸駅・北坂戸駅・川越駅)にある、美味しいパン屋さんをご紹介します!

川越氷川神社はペット連れの参拝禁止?犬が入場できるか確認した結果
川越氷川神社はペット連れの参拝禁止?犬が入場できるか確認した結果

縁結びで有名な、埼玉県川越市の「川越氷川神社」。この神社は、犬などのペットを連れて参拝ができるのか?

本川越駅
観光するなら「川越駅」「川越市駅」「本川越駅」どこで下車すべき?

埼玉県川越市の小江戸川越を観光するなら、「川越駅」「川越市駅」「本川越駅」のどの駅で下車すれば一番近いのか?解説します。

川越税務署に確定申告に行ってみた~申告期間中の混雑具合と所要時間
川越税務署に確定申告に行ってみた~申告期間中の混雑具合と所要時間

「川越税務署」に確定申告書を提出しに行ったので、確定申告期間中の混雑具合や空いている時間帯などをご紹介します。

川越駅西口の複合商業施設
川越駅西口「U_PLACE(ユープレイス)」ってどんな複合商業施設?

2020年6月上旬、埼玉県川越市のJR川越駅西口に複合商業施設「U_PLACE(ユープレイス)」がオープンします。どんな複合商業施設になるのか?どんなテナントが入るのか?気になったので工事現場に行ったりして調べてみました。

スポンサーリンク

あなたへのおすすめ

-観光
-

© 2020 坂戸図鑑