「川越」ってどんな街?知っておきたい3つの特徴

川越とは

川越を観光するならぜひ知っておきたい特徴を3つご紹介します。

川越は「蔵造りの城下町」

川越の街並み

川越の街並み

川越は、江戸時代より商人の町としてにぎわっていました。

「明治の大火」により中心街のほとんどが焼失しましたが、これを教訓に防火に優れた蔵造りの商家が建ち並ぶ、現在の街並みになりました。

23棟の蔵造りの建物は、国や市の文化財に認定されており、街並み全体も国の「重要伝統的建造物群保存地区」に認定されています。

蔵造の街並みを観光できるのは、川越駅から少し離れた「川越一番街」です。

川越は「小江戸」と称される街

川越の新河岸川

新河岸川

川越は、江戸時代には江戸の北の守りとともに、新河岸川の舟運を利用した物資の集積地として栄えてきました。

現代になっても、江戸時代を感じさせる情緒ある街並みが残っていることから「小江戸」と称されています。

川越といえば「いもグルメ」

川越の名物さつまいも

川越といえば「いも(さつまいも)」。当初は飢え対策として栽培されていましたが、そのいもが美味しいことから、いつしか川越の名物となりました。

江戸では、「栗(九里)より(四里)うまい十三里」と評判になりました。十三里とは川越いものことで、川越が江戸まで十三里あったことからそう名付けられた、という説があります。

ときも

ときも

川越市のマスコットキャラクター「ときも」も、いもをイメージしていますね。ちなみに、ときもは、「時の鐘(とき)」と「サツマイモ(いも)」が由来です。

ちなみに、さつまいものシーズンである9月ごろになると、川越市内の各農家で芋ほり体験が楽しめるようになります。

まとめ

川越は、江戸と関わりが深く、また江戸の風情を感じさせる蔵造りの商家が建ち並ぶため「小江戸」と称されています。

川越の名物はさつまいもで、蔵造の街並みを歩けばいもグルメを堪能できます。

あわせて知りたい川越情報

川越氷川神社のお宮参り
【徹底リポート】「川越氷川神社」のお宮参りってどんな感じ?

埼玉県川越市の「川越氷川神社」にてお宮参りをしてきたので、その様子を写真とともにご紹介します。また、お宮参りの時間や予約の必要性の有無、初穂料はいくら包めば良いのか?など、お宮参りにまつわる疑問についても解説します。

農産物が安い!直売所「あぐれっしゅ川越」に行ってみた
農産物が安い!直売所「あぐれっしゅ川越」に行ってみた

埼玉県川越市にあるJAいるま野の農産物直売所「あぐれっしゅ川越」に行ってみて、売っているものや店内の様子を確かめてみました。

川越市「愛和病院」の産後入院中の食事内容
川越市「愛和病院」の産後入院中の食事内容

埼玉県川越市の「愛和病院」で出産すると、入院中は毎日おいしい食事が食べられます。この記事では、実際に愛和病院で出産して入院した妻が撮影した毎日の食事をご紹介します。愛和病院で出産予定の妊婦さんのご参考になれば幸いです。

【2019年版】坂戸市周辺のおすすめ花火大会3選
【2019年版】坂戸市周辺のおすすめ花火大会3選

2019年に埼玉県坂戸市周辺で開催される花火大会を3つご紹介します。坂戸市周辺では「小江戸川越花火大会」「ひがしまつやま花火大会」「サマーフェスティバルもろやま」の3つの花火大会が開催されます。それぞれの花火大会の開催日や開催場所などを調べました。

愛和病院アプリ
川越市「愛和病院アプリ」がリリース!何ができる?予約方法は?

埼玉県川越市の「愛和病院」は、2019年10月23日に受診が便利になる愛和グループオリジナルアプリをリリースしました。無料のアプリで、診察の順番が来たらスマートフォンに呼び出しをしてくれたり、診察予約 ...

スポンサーリンク

あなたへのおすすめ

-観光
-

© 2021 坂戸図鑑 Powered by AFFINGER5