「川越」ってどんな街?知っておきたい3つの特徴

2019-06-09

川越とは
坂戸図鑑の管理人

坂戸図鑑の管理人

生まれは春日部、育ちは鴻巣。埼玉県坂戸市には2016年から住んでいます。プロフィール

川越を観光するならぜひ知っておきたい特徴を3つご紹介します。

川越は「蔵造りの城下町」

川越の街並み

川越の街並み

川越は、江戸時代より商人の町としてにぎわっていました。

「明治の大火」により中心街のほとんどが焼失しましたが、これを教訓に防火に優れた蔵造りの商家が建ち並ぶ、現在の街並みになりました。

23棟の蔵造りの建物は、国や市の文化財に認定されており、街並み全体も国の「重要伝統的建造物群保存地区」に認定されています。

蔵造の街並みを観光できるのは、川越駅から少し離れた「川越一番街」です。

川越は「小江戸」と称される街

川越の新河岸川

新河岸川

川越は、江戸時代には江戸の北の守りとともに、新河岸川の舟運を利用した物資の集積地として栄えてきました。

現代になっても、江戸時代を感じさせる情緒ある街並みが残っていることから「小江戸」と称されています。

川越といえば「いもグルメ」

川越の名物さつまいも

川越といえば「いも(さつまいも)」。当初は飢え対策として栽培されていましたが、そのいもが美味しいことから、いつしか川越の名物となりました。

江戸では、「栗(九里)より(四里)うまい十三里」と評判になりました。十三里とは川越いものことで、川越が江戸まで十三里あったことからそう名付けられた、という説があります。

ときも

ときも

川越市のマスコットキャラクター「ときも」も、いもをイメージしていますね。ちなみに、ときもは、「時の鐘(とき)」と「サツマイモ(いも)」が由来です。

ちなみに、さつまいものシーズンである9月ごろになると、川越市内の各農家で芋ほり体験が楽しめるようになります。

まとめ

川越は、江戸と関わりが深く、また江戸の風情を感じさせる蔵造りの商家が建ち並ぶため「小江戸」と称されています。

川越の名物はさつまいもで、蔵造の街並みを歩けばいもグルメを堪能できます。

あわせて知りたい川越情報

埼玉県川越市「愛和病院」で出産・産後入院した感想レビュー
【出産レポ】川越市「愛和病院」で出産・産後入院した感想レビュー

埼玉県川越市の「愛和病院」で妻が出産・入院をしました。この記事では、そのときの感想をレビューしておきます。川越市周辺にお住いの妊婦さんや、今愛和病院に通院している妊婦さんはぜひチェックしてください。

坂戸市周辺の花火大会
【2017年版】坂戸市周辺のおすすめ花火大会3選

2017年8月26日に開催された、坂戸市周辺(川越市・東松山市・毛呂山町)の花火大会をご紹介します。各花火大会の打ち上げ数や露店の数もご紹介するので、比較にご活用ください。

川越市「ハンドメイドベーカリー ニコリ」でパンを食べたレビュー
川越市「ハンドメイドベーカリー ニコリ」でパンを食べたレビュー

埼玉県川越市仙波町にあるパン屋「HANDMADE BAKERY nicori(ハンドメイドベーカリー ニコリ)」のレビュー記事です。川越に住んでいるパン好きの方はぜひチェックしてみてください!

農産物が安い!直売所「あぐれっしゅ川越」に行ってみた
農産物が安い!直売所「あぐれっしゅ川越」に行ってみた

埼玉県川越市にあるJAいるま野の農産物直売所「あぐれっしゅ川越」に行ってみて、売っているものや店内の様子を確かめてみました。

埼玉県川越市のおすすめ観光ガイド【保存版】

埼玉県川越市とは、どんな街なのか?川越観光によく行くお隣坂戸市に住む筆者が、歴史や観光スポット、パワースポット、都心からのアクセスなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

あなたへのおすすめ

-観光
-