坂戸市民による観光・グルメ・暮らしの情報ブログ

坂戸図鑑

9月は川越市の「芋掘り体験」シーズン

グルメ

川越氷川神社「むすびcafé」でランチしたら高い割に味は普通だった

この記事は約4分で読めます。

川越氷川神社「むすびcafé」でランチしたら高い割に味は普通だった

https://sakado-blog.net

埼玉県川越市の川越氷川神社の境内には、「むすびcafé」というカフェがあります。

おしゃれな外観で、川越氷川神社に参拝したついでに食事ができると思って、お宮参りの際に立ち寄ってみましたが、食べてみるとお値段が高い割には味がかなり普通でガッカリでした。

坂戸市民
食事メインの場所ではないかもしれませんが、ランチの内容だけ見たらビミョーでした。

「むすびcafé」とは?

むすびcafé|川越氷川神社 ~カフェ

「むすびcafé」とは、川越氷川神社の境内にあるカフェです。ランチやスイーツを頂けるほか、神社のお祭りや作法について学べたり、お土産の販売もしています。

むすびcaféの料理やケーキの材料の一部は神社でお清めしているようです。外観は有名なデザイナーによって設計されたためおしゃれ。

「むすびcafé」は、鎮守の杜のカフェとして、
日本の年中行事にこめられた「ココロ」や伝統文化に表われた「カタチ」、
神社のお祭りや作法などについて、さまざまご紹介してまいります。

内装は家具デザイナーの小泉誠さん、
デザイン監修は「折形デザイン研究所」の山口信博さんが、
それぞれを手がけました。
ふたりの手によるやさしい空間で、
心を込めたお菓子やお料理、贈り物などを用意してお待ちしております。

出典:concept | むすびcafé

坂戸市民
物販もしているカフェです。

むすびcaféの場所は?

むすびcaféの外観と行列に並ぶ人

むすびcaféは川越氷川会館の中

むすびcaféは川越氷川神社の隣にある「川越氷川会館」の中にあります。川越氷川会館は神社の大鳥居(高さ約15mの赤い鳥居)の隣にある建物で、会館に入ってすぐ右手にむすびcaféがあります。

むすびcaféで食事をする場合は、入り口にあるウェイティング用紙に名前を書きます(上写真中央)。

坂戸市民
名前を書き忘れる人、結構いるみたいなので注意。

むすびcaféで買えるお土産

お土産

むすびcaféの入り口でお土産が買える

むすびcaféではお土産の販売も行っています。

私が行ったときには

  • 豆皿
  • 手ぬぐい
  • お米(贈呈用)
  • 甚兵衛
  • 焼き菓子
  • 輪島塩
  • その他手芸品

がありました。

川越氷川神社に参拝した方で神社に関連するお土産を買いたい人は、むすびcaféの物販コーナーに立ち寄ると良いかもしれませんね。

多分、むすびcaféでしか買えない物もあると思うので、贈り物に喜ばれそうですね。

坂戸市民
物販コーナーはむすびcaféで食事しなくても利用できます。

食事は高い割に味が普通だった

今回、私たちはお宮参りに川越氷川神社に行った際、むすびcaféを利用しました。

私たちが食べたのは、

  • お結び膳
  • 特製カレー

です。

お結び膳

お結び2個とだし巻き卵とお味噌汁

むすびcaféのお結び膳(税込800円)

お結び膳の内容は、

  • お結び2個(塩えん結び・鯛結び)
  • だし巻玉子
  • 味噌汁
  • 香の物

で税込800円。

お結び膳の説明

神前でお清めした材料を使いました。
「結びの神さま」のお力が
皆様にも届きますように。

塩結び
神社でお清めした塩を使いました。

鯛結び
鯛は神社でお清めした塩とお神酒で下味をつけ鯛飯にしました。
「おめでたい」鯛のお結びです。

お結び膳は精進料理のように質素でした。お年寄りにはちょうど良いかもしれません。

特製カレー

雑穀米とスパイスの効いたカレー

むすびcaféの特製カレー(税込1,000円)

特製カレーは、丁寧に下ごしらえされた牛すじと数種のスパイス、お野菜を合わせじっくりと煮込んでいます。お米は神社でお清めされています。

カレーの方は普通に美味しかったのですが、正直、この値段・味・ボリュームだったら、川越の中心街に山ほどある飲食店で食事した方が断然良かったです。行列ができていてすごく待ちましたし。

まとめ

「むすびcafé」は、埼玉県川越市の川越氷川神社の境内にあるカフェです。軽食やケーキが食べられるほか、物販コーナーもあります。

実際に食べてみましたが、味はそこそこでボリュームはかなり少なめ。価格設定が高めに感じました。

雰囲気を楽しみたい人でちょっと足休めしたいなら利用するのも良いかもしれません。でも、純粋に飲食店としてはおすすめできません。

\ありがとう!あなたもシェア/

著者

この記事を書いた人

坂戸市民

生まれは春日部、育ちは鴻巣。埼玉県坂戸市には2016年から住んでいます。プロフィール

あなたへのおすすめ

-グルメ
-

Copyright© 坂戸図鑑 , 2019 All Rights Reserved.