【2021年11月】前橋花火大会の開催概要

ふじみノートを書いてる人

生まれは春日部、育ちは鴻巣。坂戸に5年住み、現在はお隣の川越に住む。限りなくふじみ野に近いため、ふじみ野の情報多めに発信。現在は前橋市に移住。

前橋花火大会が2021年11月23日に開催されました。

例年ですと8月の第二土曜日に開催でしたが、今年はコロナの影響で中止。それが、感染者数が落ち着いてきたこともあり、11月に開催されることとなりました。

ただし、例年よりも大幅に規模を縮小となっています。

[st_toc]

前橋花火大会とは

群馬県前橋市で行われる花火大会。終戦直後の昭和23年に復興祭として第1回の花火大会がおこなわれたのがはじまり。

仕掛け花火の中でも芸術的で人気が高い「空中ナイアガラ」は、前橋発祥といわれており、前橋花火大会でも毎年披露されます。例年ですと、利根川河川敷・大渡橋周辺から、スターマインや仕掛け花火など約15,000発もの花火がおよそ2時間にわたり打ち上げられます。

北関東を代表する大きな花火大会です!

2021年の花火情報

名称 第65回前橋花火大会~コロナ収束祈願花火~
打ち上げ時間 20分程度
開催日時 令和3年11月23日(火)
19:30~20:00
打上げ場所 利根川河畔(中央大橋~群馬大橋間)
有料席 なし
会場アクセス 【電車】JR前橋駅からバスに乗り15分 岩神小学校前下車徒歩10分 【車】関越道前橋ICから国道17号・県道105号経由で約15分
駐車場 なし
備考 交通規制なし

毎年8月に開催されていた前橋花火大会は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い中止となりました。

しかし、実施委員会では昨年に続いての中止は避けたいとの強い思いから、コロナ収束祈願花火として11月23日に開催することを決定。

2021年の前橋花火大会は、密を避けるために打ち上げ時間や打ち上げ数を大幅に縮小(20分間で1,500発、通常の10分の1程度)したうえ、公設の観覧席や駐車場なども設けずに開催するようです。会場は利根川河畔「中央大橋~群馬大橋間」、打ち上げは19時30分~。

打ち上げの様子は群馬テレビでライブ放映されます。会場には行かず、テレビで観覧するよう呼び掛けてます。

涼しい時期での花火ってのもいいですね。

例年の花火情報

打ち上げ数 約1万5000発
打ち上げ時間 80分
開催日時 8月第二土曜日
19:00~20:40
有料席 団体席タイプA:50名10万円(駐車場5台分付き)、団体席タイプB:25名5万円(駐車場2台付)、テーブル席:定員6名2万円(駐車場1台分付き)、テーブル&イス席:1名3000円。販売中。売り切れ次第終了
会場アクセス 【電車】JR前橋駅からバスに乗り15分 岩神小学校前下車徒歩10分 【車】関越道前橋ICから国道17号・県道105号経由で約15分
駐車場 5500台無料

例年ですと、

  • 群馬県庁の展望台
  • 総社2号団地公園
  • 前橋リリカ屋上駐車場
  • パシオス前橋リリカ店の屋上駐車場
  • 正田醤油スタジアム
  • ヤマダグリーンドーム前橋
  • 楽歩堂前橋公園
  • 新坂東橋の上
  • 上毛大橋周辺
  • 西原公園
  • 大渡橋の上

などが前橋花火大会の観覧スポットととして人気となっています。

前橋花火大会、たのしみです!

-祭り