鴻巣駅から埼玉県警察運転免許センターまで徒歩でのアクセス方法

2020-10-28

鴻巣駅から埼玉県警察運転免許センターまで徒歩でのアクセス方法

https://sakado-blog.net

坂戸図鑑の管理人

坂戸図鑑の管理人

生まれは春日部、育ちは鴻巣。埼玉県坂戸市には2016年から住んでいます。プロフィール

JR高崎線「鴻巣駅」から「埼玉県警察運転免許センター」までの歩きでの行き方についてご紹介します。

坂戸市民
僕は免許の更新期限が切れてから手続きするために行きました。

運転免許センターへのアクセス(埼玉県警察)

関連記事
埼玉県で期限切れした運転免許証の更新手続き方法
埼玉県で期限切れした運転免許証の更新手続き方法

運転免許の更新手続きは、一般的には警察署でできます。 ただ、何らかの理由で期間内に更新手続きをできなかった場合、免許センターに行かなくてはなりません。埼玉県の人(埼玉県内に住民登録をしているかた)であ ...

続きを見る

免許センターは東口?西口?

鴻巣駅の改札

改札を出て向かって右手に進む(東口)

埼玉県警察運転免許センターはJR高崎線「鴻巣駅」の東口にあります。

鴻巣駅の東口の案内板

駅に免許センターの案内がある

東口は、改札を出て(改札は1つしかありません)向かって右手。案内板に「免許センター」と書かれているので分かるかと思います。

鴻巣駅から免許センターまでの距離と時間

鴻巣駅から免許センターまでの地図

駅から免許センターまでの距離は約1.6 km。所要時間はゆっくり歩いて20分、早足で15分ほどで着きました。途中、信号がいくつもあり足止めを食らうので、信号待ちが多ければ20分くらいです。

坂戸市民
道はほぼ平坦でした。ひたすら真っ直ぐなので迷うことはありません。

酷暑や雨の日は徒歩だとつらいので、こういうときはバスを使いましょう。

鴻巣駅の改札前

免許センターのバスは東口のバス乗り場

鴻巣駅の東口の階段

バス乗り場は階段を下りたところにある

免許センターまで出てるバスは、鴻巣駅東口のロータリーにあります。

鴻巣駅東口のバス乗り場

免許センター行きのバス

免許センター行きのバスの路線図と料金

免許センターまでは片道180円

運賃は180円(IC運賃178円)。

免許センター行きのバスの時刻表

お昼なら1時間に5〜6本は出ているようです。

詳しい時刻表はアサヒバスよりご確認ください。

鴻巣駅 - 朝日自動車株式会社

免許センターまでの道のり

ここからは、画像とともに駅から免許センターまでの最短ルートをご紹介していきます。

最短ルートと言っても、鴻巣駅から埼玉県警察運転免許センターまではほぼ一直線。改札の出口さえ間違わなければスムーズに着くでしょう。

鴻巣駅の東口ロータリー

鴻巣駅の東口ロータリーに降ります。

ウルトラ教室

ロータリーの右手には「ウルトラ教室」が見えます。

鴻巣駅から真っ直ぐに伸びる道

駅から真っ直ぐに伸びる道を進みます。

「鴻巣文化センター」の道路案内

しばらく歩くと、「鴻巣文化センター」の道路案内が見えます。そのまま直進します。

鴻巣警察署前の交差点

左手に埼玉県鴻巣警察署が見える交差点に差し掛かります。この交差点もまっすぐ進みます。

坂戸市民
やっと半分くらいまで到達!

「総合体育館入口」交差点

「総合体育館入口」という交差点のあたりではゆるやかなカーブになります。そのまま直進です。

梛の樹の前

右手に鴻巣で人気のスイーツ屋さん「梛の樹」が見えます。チーズズコットというケーキが人気なので、帰りに寄ってみると良いでしょう。

鴻巣市役所の前

さらに進むと、右手に鴻巣市役所が見えます。

坂戸市民
もう少しで免許センターに到着です。

免許センター前の道路

「運転免許センター」の道路案内が見えました。免許センターの建物も正面に見えます。

埼玉県警察運転免許センター

免許センターに到着です。お疲れ様でした。

坂戸市民
鴻巣駅から早足で歩いて15分で免許センターに着きました。

まとめ

鴻巣駅から埼玉県警察運転免許センターまでは、徒歩15分くらいで着きます。

東口から降りて真っ直ぐ進むだけなので迷うことはありません。道もほぼ平坦です。ただ、悪天候の日や妊婦さんはバスを利用した方が良いでしょう。

関連記事
鴻巣の免許センター用の写真撮影ができる証明写真機3選
鴻巣の免許センター用の写真撮影ができる証明写真機3選

埼玉県鴻巣市にある「埼玉県警察運転免許センター」では、免許の試験や更新などの手続きの際、証明写真の提出を求められることがあります。 証明写真は自分で事前に撮影し、持参する必要があります。 では、鴻巣駅 ...

続きを見る

スポンサーリンク

あなたへのおすすめ

-暮らし
-

© 2020 坂戸図鑑