坂戸市民による観光・グルメ・暮らしの情報ブログ

坂戸図鑑

8月17・18日開催「坂戸夏よさこい

イベント

2020年東京五輪「聖火リレー」ルート決定!坂戸市にはいつ来る?

この記事は約3分で読めます。

2020年東京五輪「聖火リレー」ルート決定!坂戸市にはいつ来る?

2020年東京オリンピック・パラリンピックの聖火リレーのルートが決定しました。

聖火リレーは全国47都道府県を巡り、埼玉県坂戸市には2020年7月9日に来る予定です。

「オリンピック聖火リレー」とは?

聖火リレーとは、オリンピックのシンボルである聖火を、開催国内の開催地までリレーでつなげるイベントです。

ギリシャ・オリンピアの太陽光で採火された炎を、ギリシャ国内と開催国内でリレーによって開会式までつなげるものです。

出典:https://tokyo2020.org/jp/special/torch/olympic/about/

聖火ランナーは、原則1人で走行。聖火ランナー1名あたりの走行距離は約200mで、走行時間は約2分間です。

坂戸市民
聖火ランナーの走れる時間って意外と短いですね。

2020年聖火リレーのルート

東京2020聖火リレーの埼玉県のルート

坂戸市は3日目(ピンク色)

2020年の東京オリンピックでは、開会式が予定される7月24日までの121日間に渡り、日本国内の857市区町村を聖火ランナーが巡ります。

聖火ランナーのルートは、日本のみんなが、なるべくすぐ見に行けるように計算されています。

坂戸市にはいつ来る?

埼玉県の聖火リレーは、川口市から出発し、1日目は所沢市、2日目は熊谷市、3日目はさいたま市でセレブレーションを実施します。

坂戸市を走るのは、2020年7月9日の予定です。ルート的には、川越市を出発した後に、鶴ヶ島・坂戸に来る予定となっています。

坂戸市民
川越を走った後に坂戸に来ます。

[スポンサーリンク]

坂戸市のどこを走る?

坂戸市のどこを走るか?具体的なルートは決まっていません(2019年6月2日現在)。

ルートとしては

  1. 川越市
  2. 鶴ヶ島市・坂戸市
  3. 本庄市・深谷市
  4. 嵐山町・東松山市・滑川町
  5. 鴻巣市・北本市
  6. 桶川市・上尾市
  7. さいたま市

となっています。

川越から鶴ヶ島・坂戸を通過して東松山方面に向かうとしたら、407号線沿いに走るのが現実的かと思います。

坂戸市民
西入間警察署前からピオニウォーク前の道路を走るのかな。

坂戸市は誰が走る?

坂戸市を走る聖火ランナーは、まだ決まっていません。

聖火ランナーは国際オリンピック委員会や各都道府県、スポンサーなどが推薦する人のほか、一般公募からも選ばれます。

応募の際には「走行を希望する各都道府県にゆかりがある方」となっているので、坂戸市に住んでいる、または出身であれば良いのではないでしょうか。興味があったら、公式サイトより応募してみてください。

まとめ

2020年東京オリンピックの聖火リレーでは、埼玉県坂戸市も通過します。

日程は2020年7月9日の予定となっています。どこを走るか?誰が走るか?は決定していません。

予想ですが、407号線沿いに走るのではないかと思っています。正式発表を楽しみに待ちましょう。

\ありがとう!あなたもシェア/

著者

この記事を書いた人

坂戸市民

埼玉県坂戸市に住んでる男。家族3人と犬1匹。「坂戸図鑑」を運営しています。

あなたへのおすすめ

-イベント
-

Copyright© 坂戸図鑑 , 2019 All Rights Reserved.