よさこいの入会金・年会費・衣装代について

よさこいの費用はいくら?入会して分かった衣装代や入会金の総額公開!

更新日:

私が住んでいる埼玉県坂戸市は、「よさこいの街」として地域全体でよさこいを盛り上げています。せっかくよさこいで盛り上がっている街に住んでいるのなら、よさこいに参加してみよう!と言うことで、実際にチームに入会してみました。

で、気になるのが、「入会金」や「衣装代」などのお金の話し。

結論から教えると、入会時に約5万円必要でした。では、なぜこんなにお金が掛かるのか?何に、いくら支払うのか?この記事で詳しくご紹介します。

よさこいサークルに入会しようと考えている方も、ご参考にしてください。

よさこいの入会金

入会金とは、チームに入るために必要な会費です。

私のよさこいチームの入会金は、1人5,000円でした。高いチームだと、10,000円を支払います。少し幅がありますが、1人5,000~10,000円を目安に考えましょう。

※年会費に衣装代が含まれているチームもあります。この場合、入会金が30,000円くらいと高額になります。

よさこいの年会費

年会費とは、毎年支払う費用のこと。ほとんどの団体は、4月1日~翌3月31日を会計年度としています。

年会費は、大人と子どもで料金が違いました。大人は1人20,000円、子ども(18歳未満)は1人18,000円となっていました。

よさこいチームによっては、家族割引があるところも。

私のチームでは、

大人2人+子ども1人=58,000円 → 30,000円

でした。

途中で入会した場合は?

年会費は4月1日に徴収するのが普通ですが、8月など、中途半端な月で入会した場合、割引してくれる可能性があります。

私のよさこいチームは、9月に入会したから半額(20,000円→10,000円)としてくれました。

ちなみに、一度支払った年会費は、返還されないのが普通です。

よさこいの衣装代・鳴子の値段

衣装代は、チームによってかなり幅が出ます。

私のよさこいチームは、

  • 衣装代が20,000円
  • 鳴子代が4,500円
  • 足袋代が4,000円

でした。

衣装代は、だいたい20,000~50,000円くらいを見積もっておきましょう。

衣装代について

衣装代で20,000円は、結構安い方です。気合が入ったチームだと、30,000円以上しますし、毎年、衣装を変えることもあります。

毎年のように衣装チェンジをするのであれば、衣装代だけで年間30,000円も掛かるので注意が必要です。

所属したいチームが、どのくらいの頻度で衣装を変えるのか?入団前にしっかり確認しましょう。

安くおさえたいなら、「オリジナルTシャツのみ」ってチームがおすすめ。

鳴子代について

鳴子は、100円~1,000円くらいで売られています。私のチームの4,500円は、かなり高額です。

高かった理由は、鳴子を特別注文したからです。特別な木を使用し、チーム名も刻印されています。所属したいよさこいチームがどんな鳴子を使っているのか?もチェックしておきましょう。

よさこいの遠征費

よさこいで一番お金がかかるのが、遠征費です。

遠征費は、次の項目があります。

  • 参加費
  • 交通費
  • 宿泊代

かなり遠い場所に参加するなら、当然、交通費も跳ね上がります。よさこい祭りは連日行うのが普通ですので、遠征ならホテル代も必要。

食事代や打ち上げ代なんかもありますし、応援で付いていくのなら、さらにお金が掛かりますね。

チームによっては、遠征はしない、遠征の場合は、参加拒否できるってこともあります。ここはしっかり確認し、慎重に考えてください。

よさこいの保険料

よさこいも一種のスポーツ(ダンス)なので、保険に入ります。任意ではなく、強制です。

保険料は、保険のグレードによって差があります。私のチームは年間で800円でした。他のチームも年間で2,000円くらいなので、それほど高額ではありません。

よさこいの練習代やその他雑費

大きな出費は以上となりますが、毎週の練習代などの雑費もあります。

たとえば、体育館で練習するよさこいチームは、体育館用にシューズを買ったりします(自前で)。

練習場所の費用は、年会費などから支払われるのが普通ですが、場合によっては、別途必要となるかもしれません。

また、定期的に飲み会や食事会なんかをやるのであれば、月に10,000円くらいは必要です。

こういった細かい出費も、想定しておきましょう。

まとめ

私がよさこいに入会するときに支払った金額を、表にまとめます。

項目 費用
入会金 5,000円
年会費 20,000円(子ども:18,000円)
衣装代 28,500円(鳴子代・足袋代含む)
保険料 800円
合計 54,300円

入会前に「入会金と衣装代でいくら」と言われますが、実際に入会すると、いろいろ追加で買わされます。

私は「3万くらいかな」と見積もっていましたが、入会して早々、アレもコレもと追加され、結局、5万くらいになりました(特に衣装で)。

入会前に、しつこいと思われるくらい、お金について確認した方が良いですよ。

関連記事と広告

坂戸周辺おすすめスポット

1

2018/10/18

北坂戸のラーメン屋「寿製麺よしかわ」ってうまい?食べてレビュー

北坂戸にあるうどん屋「寿製麺」が、ラーメン屋「よしかわ」としてリニュアルオープンしました。 食べに行ってみたら予想以上においしかったので、お店についてレポートしておきます。 「寿製麺よしかわ」ってどんなラーメン屋? 寿製麺よしかわの外観 店名 寿製麺よしかわ 坂戸店 ジャンル ラーメン 店舗住所 坂戸市上吉田206-1 営業時間 平日 11:00~15:00/17:00〜21:00 土曜・祝日 11:00〜18:00 定休日 日曜日 予算 700~1,000円 駐車場 20台 寿製麺よしかわ坂戸店は、北坂 ...

続きを読む

2 PAOPAO(パオパオ)のしあわせぷりん

2018/5/17

坂戸市の洋菓子店「お菓子の家PAOPAO(パオパオ)」のレビュー

坂戸市にっさい花みず木にある洋菓子店「お菓子の家 PAOPAO(パオパオ)」に行ってみたので、お店のレビューをご紹介します。

続きを読む

3 加藤牧場のキッチン

2018/10/29

日高市「加藤牧場」で人気のチーズ丼を食べてみた

埼玉県日高市の「加藤牧場」に行ってみました。牧場の様子やお土産、グルメ情報などをご紹介します。

続きを読む

4 醤遊王国の醤油ソフトクリーム

2018/10/29

日高市「醤遊王国」とは?見どころやおすすめグルメを徹底レビュー!

弓削多醤油(読み方:ゆげたしょうゆ)株式会社が運営する埼玉県日高市の「醤遊王国」に行ってみたので、見どころやおすすめグルメをご紹介します。

続きを読む

5 北坂戸のパン屋「ラ・シルフィード」

2018/4/17

北坂戸の小さなパン屋「ラ・シルフィード」に行ってみた

埼玉県坂戸市、東武東上線「北坂戸駅」から徒歩5分ほどの場所にお店を構える小さなパン屋さん「La Sylphide(ラ・シルフィード)」に行ってみたので、お店の様子やパンの味などをレポートしておきます。 北坂戸周辺住民の方でパンが好きな方はご参考にしてください。 「ラ・シルフィード」ってどんなパン屋? ラ・シルフィードの外観 店舗概要 ラ・シルフィードは、北坂戸(末広町)にある小さなパン屋さんです。国産小麦使用・無添加生地にこだわったパン屋さんで、安心で安全なおいしいパンが食べられます。 お店がオープンした ...

続きを読む

6 「一本堂」坂戸若葉店で食パンを食べてみた

2018/10/29

「一本堂」坂戸若葉店で食パンを食べた感想レビュー

2018年5月23日にオープンした、食パン専門店「一本堂」坂戸若葉店に行ってみました。

続きを読む

7 サイボクハム

2018/4/30

「サイボクハム」に行ってみた~おすすめグルメや見どころを徹底紹介

埼玉県日高市にある牧場「サイボクハム」に行ったら絶対食べたいおすすめグルメや見どころを徹底リポートします。

続きを読む

8 アサカベーカリー坂戸店

2018/10/18

「アサカベーカリー」坂戸店の総菜パンを食べてみた

埼玉県坂戸市のパン屋「アサカベーカリー」に行ってみたので、そのときの様子をレポートしておきます。 「アサカベーカリー」ってどんなパン屋? アサカベーカリーは、埼玉県の朝霞市を中心に暖簾分けしているパン屋です。 朝霞にある「本町店」を中心に、朝霞市に3店舗、埼玉県に8店舗、神奈川県に1店舗の計9店舗があります。アサカベーカリーは地元密着型のパン屋さんで、安くておいしい総菜パンなどが買えることで人気です。 朝霞に友達がいるので本町店も行ってみましたが、やはりこちらも人気で、人が絶えませんでした。 アサカベーカ ...

続きを読む

9 トップラン

2018/10/18

トップランの激ウマ卵を求めて矢部養鶏場に行ってみた

パリの三ツ星レストランのシェフに認められた卵。 坂戸市のお隣の川島町に、「世界で三本の指に入る」ともいわれる天才シェフが認める卵の養鶏場があるのをご存じでしょうか? その養鶏場で生産される卵の名は「トップラン」。一流ホテルやレストラン、デパートなどでも高く評価されている卵です。 今回は、そんなすごい卵が手に入るトップランの直売所に行ってみました。TKG(卵かけご飯)を食べた感想や、お得に買う方法などもご紹介します。 「トップラン」ってどんな卵? トップランは、埼玉県川島町の「矢部養鶏場」で生産しているブラ ...

続きを読む

10 北坂戸のラーメン屋「コッコ」

2018/4/19

北坂戸のラーメン屋「コッコ」っておいしいの?食べに行って調査した

閑散とした北坂戸駅にお店を構えるラーメン屋「コッコ」。その店名の通り、鶏のダシをベースにしたラーメンが食べられるお店です。 近所なのでコッコに行ってみたので、どんなラーメン屋なのか?レポートしておきます。気になっている人はご参考に。 「コッコ」ってどんなラーメン屋? ジャンル 鶏そば 店舗住所 坂戸市芦山町2-7田中ビル101 営業時間 11:30〜14:30 18:00〜20:30 定休日 火曜・第3月曜 予算 700~1,000円 「コッコ」は、2016年7月に北坂戸にオープンしたラーメン屋です。濃厚 ...

続きを読む

Copyright© 坂戸図鑑 , 2018 All Rights Reserved.