坂戸市民による観光・グルメ・暮らしの情報ブログ

坂戸図鑑

8月17・18日開催「坂戸夏よさこい

祭り

2019年8月「坂戸・夏よさこい」開催概要

この記事は約7分で読めます。

坂戸夏よさこい

https://sakado-blog.net

坂戸・夏よさこいが2019年も開催されました!この記事では、2019年度の坂戸・夏よさこいの開催日時や場所、駐車場についてご紹介します。

坂戸市民
お祭りは無事開催されました。お疲れさまでした。

「坂戸・夏よさこい」とは?

「舞人」坂戸・夏よさこい2019 こどもフェスタ会場

概要

坂戸・夏よさこいは、地域振興のために有志があつまり、坂戸駅前の「サンロード商店街」を中心に開催しているよさこい祭りです。

坂戸市民
北口と南口に分かれて3カ所で踊ってます。

坂戸市では毎年2回、夏と秋によさこい祭りが開催されていますが、この2つのよさこいは全く別のものです。

秋よさこいは、坂戸市の税金の補助がある為、事務局は坂戸市役所商工労政課でおこなっています。
夏よさこいは、商店街の中国酒家 來入華(ライカ)で事務局をおこなっていました。

今後のよさこいのお問い合わせは坂戸市役所へお願い致します。

出典:坂戸・夏よさこい | 坂戸市の地域活性化を目指します!

10月に行われる秋の坂戸よさこいは、坂戸市役所が主催です。

坂戸市民
個人的には「夏よさ」の方が好き。

経済効果

坂戸市にある城西大学の学生による調査では、2018年の坂戸・夏よさこいが約1億3500万円の経済波及効果を生み出したとのことです。

来場者全体の消費額を8260万円、祭りの開催経費を4100万円として、祭りで支出された合計金額を1億2360万円と算出。この金額が使われて生み出す経済効果を加えた経済波及効果を1億3541万円と試算した。

出典:毎日新聞

「宿泊費やお土産の購入費が少ない」のが課題だそうです。

地元住民が中心になって参加するお祭りのため、市外・県外のよさこい団体の出場が増えれば、簡単に2億円は突破できそうですね。

2019年度の開催概要

夏よさのメイン会場「サンロード商店街

夏よさは「サンロード商店街」などで開催される

イベント名坂戸・夏よさこい
開催日2019年8月17日(土)・18日(日)
開催時間12:00~20:00
開催場所坂戸駅北口
こどもフェスタ会場
坂戸駅南口
開催内容踊り子によるよさこい演舞、各種出店
アクセス東武東上線「坂戸駅」徒歩約1分
主催坂戸・夏よさこい実行委員会

2018年の坂戸夏よさこいと大きな変更点はありません。ちなみに、お祭り当日は嵐や台風が来ない限り開催されます。多少の雨が降っても中止とはなりません。

スケジュール

夏よさのタイムスケジュールの詳細については、以下の外部PDFファイルをご参照ください。

演舞の場所

演舞する会場は坂戸駅周辺の3カ所。

坂戸駅北口のサンロード商店街

サンロード商店街

坂戸駅北口の「サンロード商店街」です。流しで踊ります。2019年度は、安全を考慮してサンロード会場では旗を振れませんでした。

坂戸駅北口のこどもフェスタ会場

こどもフェスタ会場

坂戸駅北口の「サンロード商店街」を少し進み、右手に見える広場です。ここは流しでは踊れません。観客は椅子に座って見られるのでおすすめの場所です。

坂戸駅南口の大通り

坂戸駅南口の大通り

「サンロード商店街」「こどもフェスタ会場」と線路を挟んで反対側にある会場です。

駐車場

坂戸夏よさこい専用の駐車場は特にありません。開催場所は坂戸駅周辺なので、その周辺のコインパーキングを利用しましょう。

当日は、道路が一部封鎖されているので、利用できないコインパーキングもあります。

リパーク坂戸駅南口第2駐車場

リパーク坂戸駅南口第2

例年だと、坂戸駅南口の「リパーク坂戸駅南口第2」あたりが比較的空いているかと思います。

リパーク坂戸駅南口第2駐車場の料金

最大料金600円

  • 所在地:埼玉県坂戸市緑町12-5
  • 通常料金:200円/60分
  • 最大料金:入庫後24時間以内600円
  • 営業時間:24時間
  • 収容台数:20台

屋台

こどもフェスタの屋台

こどもフェスタでは屋台が並ぶ

こどもフェスタ会場には屋台が並びます。生ビールやから揚げ、焼きそばなど屋台の定番グルメが食べられます。

こどもフェスタの飲食スペース

飲食スペース

屋台のすぐ隣にはイスとテーブルが用意されているので、休憩しながらゆっくり食事ができます。

[スポンサーリンク]

「夏よさ」同時開催イベント

坂戸夏よさこい2019の近隣で同時開催されるイベントをご紹介します。

自動運転バスの公道実証実験

埼玉工業大学が開発した自動運転バスの公道実験が、坂戸駅北口で実施されるようです。

埼玉工業大学は、埼玉県坂戸市で行なわれる「2019 坂戸・夏よさこい」に出展し、8月17日に公道実証実験を実施する。同大学ではこれまでに自動車教習所内での試乗会などを開催しているが、公道での実験は初。同日11時から30分間、東武東上線 坂戸駅北口のサンロードの約200m間を往復して走行し、1回15人(先着順)を乗せて2往復の試乗を実施する。

出典:埼玉工業大学、「坂戸・夏よさこい」で自動運転バスの公道実証実験

試乗もできるようです。公道での実験は初だそうで、試乗できたらちょっと自慢できそうですね。

ミニ四駆大会

安野自動車さん主催の「ミニ四駆大会」が開催されます。

場所は、坂戸駅北口からサンロードを直進して左側、喫茶ポニーテールとまるみ不動産の間。

会場近くに行くと「ミニ四駆」ののぼりが見えると思うので、それを目印に参加してみてください。

まとめ

坂戸夏よさこいは、2019年も開催予定です。2019年は、8月17日(土)・18日(日)の2日間です。開催場所や開催時間などは、例年通りです。

坂戸市民
坂戸市民の方は、ぜひ参加しましょう。

ちなみに、8月17日は川越の花火大会なので、川越方面の道路は混むかと思うので注意です。

\ありがとう!あなたもシェア/

著者

この記事を書いた人

坂戸市民

埼玉県坂戸市に住んでる男。家族3人と犬1匹。「坂戸図鑑」を運営しています。

あなたへのおすすめ

-祭り
-

Copyright© 坂戸図鑑 , 2019 All Rights Reserved.