坂戸市民による観光・グルメ・暮らしの情報ブログ

坂戸図鑑

観光

【画像で案内】「川越駅」から「時の鐘」までの徒歩でのアクセス方法

この記事は約5分で読めます。

https://sakado-blog.net

埼玉県川越市の観光名所「時の鐘」は、川越駅から少し離れた場所にあります。どうやって行ったら良いのか?迷う観光客も多いはず。

そこでこの記事では、東武鉄道・東日本旅客鉄道「川越駅」から「時の鐘」まで徒歩でアクセスする方法を画像付きでご案内します。川越観光する方はぜひ参考にしてください。

川越駅から時の鐘までのアクセス

「川越駅」から「時の鐘」まで徒歩で行く場合、

  1. 川越駅の改札を右(東口)に出る
  2. 「アトレ川越」を通過
  3. クレアモールを直進
  4. 「三菱UFJ銀行川越支店」の交差点を左折してすぐ右折
  5. 「蓮馨寺」を横切って直進
  6. 「時の鐘入り口」の交差点を右折

の順に行くのが最短ルートです。

[Googlemap]

普通に行けば30分ほどで到着しますが、混雑していたりお店に寄ったりしていると、1時間以上は掛かります。

川越駅の改札を右(東口)に出る

川越駅の改札を右に出る

川越駅の改札を右に出る

東武鉄道・東日本旅客鉄道「川越駅」の改札を出たら、右に曲がります。東口です。

左に曲がると時の鐘の反対側の西口に出てしまうので、必ず右に曲がってください。

川越駅からアトレの方向に向かう

川越駅からアトレの方向に向かう

川越駅の改札を右(東口)に出たら、歩道橋に出ます。そこを左に曲がります。

左手に「アトレ川越」が見えるはずです。

「アトレ川越」を通過

「アトレ川越」に入って通過

「アトレ川越」に入って通過

アトレ川越に入って、そのままビル内を直進し、通過します。

アトレ川越を通過すると、2階から「クレアモール(商店街)」の入り口が見えます。

アトレ川越からクレアモールに入る

アトレ川越からクレアモールに入る

階段またはエスカレーターから地上に降りて、交差点を通過してクレアモールに入ります。

クレアモールを直進

クレアモールを直進

クレアモールを直進

クレアモールに入ったら、そのまましばらく直進です。

クレアモールは、右手に「modi(モディ)」というショッピングモールがあるのが目印です。

丸広百貨店 川越店を通過

丸広百貨店 川越店を通過

少し歩くと、「丸広百貨店 川越店」が右手に見えます。

丸広百貨店川越店も通過し、そのまま直進し、「三菱UFJ銀行川越支店」がある交差点まで目指します。

空いていれば10分ほど直進ですが、人混みが多いと20分ほど掛かる場合があります。

「三菱UFJ銀行川越支店」の交差点を左折してすぐ右折

「三菱UFJ銀行川越支店」の交差点を左折または直進

「三菱UFJ銀行川越支店」の交差点を左折または直進

三菱UFJ銀行川越支店がある交差点まで出たら、その交差点を左折して、次の交差点をすぐ右折します。

この交差点は直進し、次の交差点で一本左の道路に出ても大丈夫です。

「蓮馨寺」を横切って直進

「蓮馨寺」の前の道路を直進

「蓮馨寺」の前の道路を直進

「蓮馨寺」の前の道路を、「時の鐘入り口」の交差点まで直進します。通常は10分も掛かりませんが、人混みが多いと20分ほど掛かります。

鍛冶町広場の前の道路

鍛冶町広場の前の道路

蓮馨寺のあたりから、川越らしい古い建物が立ち並び、景色が少し変わると思います。

この辺りは「川越一番街」と言って、川越観光のメインストリートになります。

写真の「鍛冶町広場」のあたりまで来たら、あと少しで時の鐘に着きます。

「時の鐘入り口」の交差点を右折

「時の鐘入り口」の交差点を右折

「時の鐘入り口」の交差点を右折

「時の鐘入り口」の交差点が見えたら右折します。

右折するとすぐに時の鐘が見えます。

時の鐘

時の鐘

以上で、川越駅から時の鐘に到着ができました。

まとめ

東武鉄道・東日本旅客鉄道「川越駅」から観光名所「時の鐘」に徒歩で行く場合、普通に行けば30分ほどで到着しますが、混雑していたりお店に寄ったりしていると、1時間以上は掛かります。

川越駅から時の鐘はほぼ一直線ですが、建物が多く、また人混みも多く迷ってしまいがちです。目移りして迷ってしまわないよう、ルートをよく確認しながら、目的地に進みましょう。

ちなみに、川越観光するなら「川越駅」よりも「本川越駅」の方が近くておすすめです。

知らないと損!都心から川越に電車でアクセスする方法

池袋駅や新宿駅から川越駅または本川越駅に電車で行く方法と、お得な「きっぷ」を活用して、川越観光をする方法をご紹介します。川越観光にいらっしゃる方は、ぜひチェックしてください。

続きを見る

\ありがとう!あなたもシェア/

著者

この記事を書いた人

坂戸市民

生まれは春日部、育ちは鴻巣。埼玉県坂戸市には2016年から住んでいます。プロフィール

あなたへのおすすめ

-観光
-

Copyright© 坂戸図鑑 , 2019 All Rights Reserved.