坂戸市民による観光・グルメ・暮らしの情報ブログ

坂戸図鑑

9月は川越市の「芋掘り体験」シーズン

おでかけ 観光

坂戸市「聖天宮」に行ってみた!地元住民が見どころを徹底解説

この記事は約8分で読めます。

坂戸市の「聖天宮」に行ってみた!地元住民が見どころを徹底解説

https://sakado-blog.net

東武東上線の若葉駅を川島町方面に進むと、田んぼのど真ん中に突如としてド派手な建物が現れます。その建物の名は「聖天宮」。一見、テーマパークのようにも見えるビジュアルですが、列記とした「お宮(神社)」です。

埼玉県坂戸市ではなかり有名な観光スポットになっているので、地元民の私も実際に訪れて、どんなお宮なのか?見どころはどこか?どうやってアクセスするのか?などについて調べました。

坂戸市民
聖天宮に行ってみたので、どんな建物だったのか?ご紹介します。

聖天宮に興味がある方や、坂戸周辺に住んでいる方のご参考になれば幸いです。

「聖天宮」とは?

聖天宮の紹介動画

住所埼玉県坂戸市塚越51-1
拝観時間10~16時(年中無休)
入場料大人:500円
中学生:250円
小学生以下:無料
障がい者:250円
電話049-281-1161

概要

聖天宮は台湾の一流の宮大工を呼び寄せ十五年を掛け建立しました。
建物は幅50メートル、高さ25メートルあり壮大。豪華絢爛な造りは天界の悠久の宮殿を思わせます。

出典:五千頭の龍が昇る聖天宮 | 公式ホームページ

豪華絢爛な作りが見るものを圧倒するこの神社の名は「聖天宮(読み方:せいてんきゅう)」。中国台湾三大宗教の1つである「道教」のお宮です。

「道教」とは、中国史の起源にさかのぼる太古の民間信仰です。現在の「風水」や「占い」にも影響を与えているとか。道教の根本的な思想に、「教わるものではなく、自分自身で見つけるもの」があるようです。

坂戸市民
聖天宮は、着工から完成までに、なんと15年もの歳月を費やしたようです。

誰でも拝観できる?

聖天宮は、中国や台湾の道教の信仰がない人でも、誰でも観光気分で気軽に拝観ができます。ただし、犬などのペットの入場は不可(補助犬は入場可)。

建物内の写真撮影はOK。コスプレの撮影も許可しています(詳細は後述)。

聖天宮の奥へと足を運ばせると、ボランティアで案内してくれる、感じの良い男性が立っています。聖天宮の概要について分かりやすく丁寧に解説してくれます。質問をすると、さらに詳しく教えてくれました。もちろん無料で案内してくれるので、興味がある人はいろいろ質問してみてください。

[スポンサーリンク]

聖天宮の見どころ

聖天宮の門

聖天宮の入り口に構える「天門」

聖天宮は、日本にある道教のお宮としては最大級の規模を誇ります。門構えからすでに豪華ですが、建物内には

など、さまざまな見どころがあります。

聖天宮の建物全体は、1時間ほどで見て回れます。

屋根

聖天宮の黄色い屋根瓦と龍

聖天宮の屋根には黄色い屋根瓦と龍がいる

聖天宮の屋根には、神様と皇帝の建造物しか使われない黄色い屋根瓦と龍が使われています。

石の透かし彫り

聖天宮の石の透かし彫り

聖天宮の奥には透かし彫りが施されている石がある

石板や5mもある一本の石柱には、繊細な「透かし彫り(彫りぬいて向こう側が見えるようにした技法)」が施されています。

本殿天井

聖天宮の本殿天井

木組みのみで造られた聖天宮の本殿天井

本殿天井は、クギなしで木組みのみで造られています。渦を巻いたような構造は、吸い込まれるような美しさがありました。

聖天宮へのアクセス

聖天宮の周辺地図

聖天宮へのアクセス

聖天宮は、東武東上線「若葉駅」から2.5kmほど離れた場所にあります。駅からは徒歩またはバスでアクセスできます。

徒歩で行く場合

若葉駅から徒歩で聖天宮にアクセスする場合、駅の東口を出て、15分ほど歩きます。

東口は、若葉駅前にあるショッピングモール「ワカバウォーク」がある方です。駅から伸びている大きな道路「若葉台通り」をまっすぐ進みます。途中、「明治なるほどファクトリー(工場)」を横切ります。

バスで行く場合

徒歩で行く元気がなかったら、バスを使いましょう。若葉駅から聖天宮の近くまで行くバスは、「東武バス」と「坂戸循環バス」の2つ。

東武バス

東武バスを利用する場合は、若葉駅前の東口にある1・2番乗り場から、「若01」「若02 」「東坂03」系統のバスに乗ります。1時間に2本ほど出ています。

4つ先の停車所「戸宮交差点」で降りて、300mほど歩くと聖天宮に到着。運賃は片道180円。

坂戸循環バス

坂戸循環バスを利用する場合は、「若葉病院前」で下車すれば聖天宮が目の前です。

1日に4本ほどしか出ていません。片道は200円なので、東武バスよりも高い運賃です。

車で行く場合

車で行く聖天宮に場合は、関越自動車道の鶴ヶ島IC・坂戸出口から3.5kmで着きます。圏央自動車道の坂戸ICからは1.5km。

聖天宮内には120台ほど駐車できるスペースがあり、終日無料で利用できます。

聖天宮と坂戸市のポピー祭り

坂戸市では、ポピーの開花期である3~5月に「ポピー祭り」を開催しています。ポピー祭りは、聖天宮と道路を隔てた向かい側の畑で、毎年4月下旬~5月下旬に開催。

[追記]

聖天宮の近くで開催されていたポピー祭りはなくなりました。

以下、当サイトに連絡があったので、そのまま転記いたします。

残念ながら、ポピー祭り無くなりました。
その代わり、ポピーが咲いていた畑の奥に、ブルーベリー農家が開業しました。正木農園です。元製薬会社の方で、栄養補液で無農薬栽培です。多種類のブルーベリーがあるので、お好みの味さがしが出来ますし、ブドウくらいの大粒です。ケーキ屋さんに卸したりしてます。来年は、ジュースやケーキ作りイベントも企画されてます。

坂戸市民
ご報告いただいた方、ありがとうございます!

ブルーベリー狩りが楽しめるのは、6月~9月ごろです。

聖天宮とコスプレ撮影

聖天宮でコスプレ撮影をするコスプレイヤー

聖天宮でコスプレ撮影を楽しむ人たち

聖天宮は、メディアにも頻繁に取り上げられており、映画・ドラマ・ミュージックビデオ・写真集など、幅広い分野で注目を集めています。

建物内は写真撮影可能で、週末になると10組以上のコスプレイヤーが聖天宮で写真撮影を楽しんでいます。参拝客よりもコスプレイヤーの人数の方が圧倒していました。

坂戸市民
神宮内で撮影が許される場所はなかなかないため、コスプレイヤーたちからも人気があるようです。

利用概要

  • 1日2グループまで予約可能
  • 合計人数は約10名まで(カメラマン含む)
  • 撮影会は不可
  • 料金は1人2500円(2019年10月から3000円に変更)
  • 更衣室あり
  • 昼食の持込可

以前は細かな利用ルールはありませんでしたが、ここ最近はコスプレイヤーから注目を集め、利用が殺到しているため少し厳しくなったようです。

撮影条件詳細は聖天宮の公式サイトにてご確認ください。

撮影が人気の理由は?

聖天宮はコスプレイヤーから人気のようです。その理由は、異国情緒漂う建物内で撮影ができることだけではなく、その利用料が安いことも挙げられます。

都内でコスプレのレンタルスペースを借りると、1時間で10,000円以上も取られますが、聖天宮は、時間制限なしの1日1人2,500円(2019年10月より3,000円)でコスプレの撮影ができます。

料金には施設利用料・更衣室利用料が含まれており、開門の10時から閉門の16時まで、時間を気にせず思いっきり撮影ができます。昼食の持込も可能。

コスプレの撮影には、事前の予約が必須。人気ですぐに埋まってしまうようなので、早めに予約しましょう。

まとめ

聖天宮は坂戸市が誇る観光名所です。

坂戸市民
以前、台北に旅行をしたときに神社を訪れたことがありますが、それよりも豪華絢爛な装飾でした。

入場料が安く、コスプレの撮影料もかなり安いです。ぜひ訪れてみてくださいね。

\ありがとう!あなたもシェア/

著者

この記事を書いた人

坂戸市民

生まれは春日部、育ちは鴻巣。埼玉県坂戸市には2016年から住んでいます。プロフィール

あなたへのおすすめ

-おでかけ, 観光
-

Copyright© 坂戸図鑑 , 2019 All Rights Reserved.