坂戸市民による観光・グルメ・暮らしの情報ブログ

坂戸図鑑

おでかけ 観光

坂戸市の「聖天宮」に行ってみた!地元住民が見どころを徹底解説

更新日:

この記事は約5分で読めます。
坂戸市の観光ポット「聖天宮」

東武東上線の若葉駅を川島町方面に進むと、田んぼのど真ん中に突如として現れるド派手な建物「聖天宮」。一見、テーマパークのようにも見えるビジュアルですが、列記とした「お宮(神社)」です。

その独特な雰囲気が絶好のロケ地として、週末にはコスプレイヤーが集まるほど注目を集めています。

以前から気になっていた観光スポットなので、実際に訪れて、アクセスや見どころについてご紹介します。

聖天宮の概要と見どころ

住所埼玉県坂戸市塚越51-1
拝観時間10~16時(年中無休)
入場料500円(中学生以下は無料)
電話049-281-1161

聖天宮とは?

豪華絢爛な作りが見るものを圧倒するこの神社の名は「聖天宮(読み方:せいてんきゅう)」。中国台湾三大宗教の1つである「道教」のお宮です。

なるべく物には頼りすぎず、人との関係には思いやりを持ち、衝動は一回立ち止まってから判断すると気持ちに余裕が持てるようになると思います。

出典:聖天宮 | 聖天宮由来 道教的日々生活の心得

道教は、中国史の起源にさかのぼる太古の民間信仰です。現在の「風水」や「占い」にも影響を与えているとか。道教の根本的な思想に、「教わるものではなく、自分自身で見つけるもの」があるようです。

聖天宮は、着工から完成までに、なんと15年もの歳月を費やしたようです。

[スポンサーリンク]

見どころは?

聖天宮について

聖天宮の石堀り

聖天宮は、日本にある道教のお宮としては最大級の規模を誇ります。

黄色い屋根瓦や石の柱に施された細かい装飾、シンメトリーの建物の造りは見事。

聖天宮の豪華な天井

聖天宮の天井

また、1万以上の部位をクギなしで木組みで造られた天井も必見。渦を巻いたような構造は、吸い込まれるような美しさがありました。

聖天宮の建物全体は、1時間ほどで見て回れます。

中国や台湾の道教の信仰がない人でも、観光気分で気軽に参拝ができます。コスプレの撮影も許可しているくらい心が広いので安心してください。

無料でガイドをしてくれる

聖天宮の奥へと足を運ばせると、ボランティアで案内してくれる、感じの良い男性が立っています。

聖天宮の概要について、分かりやすくサラッと解説してくれます。質問をすると、さらに詳しく教えてくれました。

もちろん無料で案内してくれるので、興味がある人はいろいろ質問してみてください。

聖天宮へのアクセス方法

聖天宮は、若葉駅から2.5kmほど離れた場所にあります。

徒歩で行く場合

徒歩で聖天宮にアクセスする場合は、東武東上線の若葉駅から東口を出て、15分ほど歩きます。

東口は、若葉駅前にあるショッピングモール「ワカバウォーク」がある方です。駅から伸びている大きな道路をまっすぐ進むだけなので、徒歩でのアクセスも容易。

バスで行く場合

徒歩で行く元気がなかったら、バスを使いましょう。

若葉駅から聖天宮の近くまで行くバスは、「東武バス」と「坂戸循環バス」の2つ。

東武バスを利用する場合は、若葉駅前の東口にある1・2番乗り場から、「若01」「若02 」「東坂03」系統のバスに乗ります。1時間に2本ほど出ています。

4つ先の停車所「戸宮交差点」で降りて、300mほど歩くと聖天宮に到着。運賃は片道180円。

「東武バス」時刻表へ

坂戸循環バスを利用する場合は、「若葉病院前」で下車すれば聖天宮が目の前です。

ただし、1日に4本ほどしか出ていませんし、片道200円なので、東武バスを使う方が現実的です。

車で行く場合

車で行く聖天宮に場合は、関越自動車道の鶴ヶ島IC・坂戸出口から3.5kmで着きます。圏央自動車道の坂戸ICからは1.5km。

聖天宮内には120台ほど駐車できるスペースがあり、終日無料で利用できます。

[スポンサーリンク]

聖天宮と坂戸市のポピー祭り

坂戸市では、ポピーの開花期である3~5月に「ポピー祭り」を開催しています。ポピー祭りは、聖天宮と道路を隔てた向かい側の畑で、毎年4月下旬~5月下旬に開催。

[追記]

聖天宮の近くで開催されていたポピー祭りは、なくなりました。

以下、当サイトに連絡があったので、引用いたします。

残念ながら、ポピー祭り無くなりました。
その代わり、ポピーが咲いていた畑の奥に、ブルーベリー農家が開業しました。正木農園です。元製薬会社の方で、栄養補液で無農薬栽培です。多種類のブルーベリーがあるので、お好みの味さがしが出来ますし、ブドウくらいの大粒です。ケーキ屋さんに卸したりしてます。来年は、ジュースやケーキ作りイベントも企画されてます。

ご報告いただいた方、ありがとうございます!

ブルーベリー狩りが楽しめるのは、6月~9月ごろです。

聖天宮のコスプレ利用について

聖天宮でコスプレの撮影

聖天宮でコスプレ撮影している様子

聖天宮は、メディアにも頻繁に取り上げられており、映画・ドラマ・ミュージックビデオ・写真集など、幅広い分野で注目を集めています。

週末になると、10組以上のコスプレイヤーが聖天宮で写真撮影を楽しんでいます。参拝客よりもコスプレイヤーの人数の方が圧倒していました。

神宮内で撮影が許される場所はなかなかないため、コスプレイヤーたちからも人気があるようです。

格安で撮影できる

聖天宮がコスプレイヤーから注目を集めている理由は、異国情緒漂う外観だけではありません。料金が格安なのです。

都内でコスプレのレンタルスペースを借りると、1時間で10,000円以上取られますよね?

しかし、聖天宮は、時間制限なしの1日1人2,500円でコスプレの撮影ができます。

料金には施設利用料・更衣室利用料が含まれており、開門の10時から閉門の16時まで、時間を気にせず思いっきり撮影ができます。

昼食の持込も可能。なんて心が広いのでしょう。

コスプレの撮影には、事前の予約が必須。聖天宮の公式サイトからご確認ください。肌の露出や機材の持ち込みなどに関しても記載があります。

「聖天宮」コスプレ撮影のご案内ページへ

まとめ

聖天宮は、異国情緒あふれる世界観を気軽に楽しめる、坂戸市が誇る観光名所です。

以前、台北に旅行をしたときに神社を訪れたことがありますが、それよりも豪華絢爛な装飾でした。

入場料はたったの300円。若葉駅からも徒歩でアクセスができるので、ぜひ訪れてみてください。

\この記事をシェア/

-おでかけ, 観光
-

Copyright© 坂戸図鑑 , 2019 All Rights Reserved.