味噌パンがどこか懐かしくて美味しい、川越のパン屋「楽楽」

2020-02-20

埼玉県川越市の人気のパン屋さん「楽楽」に行ってみました。

楽々の外にある看板

楽楽の人気No.1パンは「味噌パン」。実際に食べてみたので、お店の様子やパンの種類、味などについてご紹介します。

川越でパンを探しているパン好きの方はぜひご参考に!

関連記事
坂戸市周辺のホントに美味しかったパン屋まとめ

【地元坂戸市民が厳選】埼玉県坂戸市周辺(若葉駅・坂戸駅・北坂戸駅・川越駅)にある、美味しいパン屋さんをご紹介します!

続きを見る

川越ベーカリー「楽楽」とは

川越ベーカリー「楽々」の外観

店名 川越ベーカリー 楽楽
住所 埼玉県川越市元町2-10-13
アクセス 本川越駅から徒歩約15分
イートインスペース オープンテラスあり
営業時間 7:30~17:00
平日は8:00からの営業
定休日 月曜定休(その他臨時休業あり)

川越ベーカリー楽楽(らくらく)は、埼玉県川越市の観光名所「菓子屋横丁」の近くにあるパン屋さん。

国産小麦を使用し、添加物無添加にこだわった、安心でおいしいパンが並ぶ川越で人気のパン屋さんです。5月ごろに開催の「川越パンマルシェ」にも出展しているパン屋さんです。

川越ベーカリー楽楽では、現在すべてのパンを北海道産小麦でつくっています。
(中略)
楽楽のパンは合成保存料や合成乳化材などを使用しない天然素材のパンです。

出典:楽楽のパンとは - 川越ベーカリー 楽楽

店内はちょっと狭め。

楽々の店内に並ぶパンたち

平日の昼に訪問しましたが、店内にはすでに4人ほどがいて、それでもう身動きがとりにくいほど。

楽々のテラス席

テラス席あり

お店のとなりにはテラス席があります。

楽々の店内に設置されているコーヒーメーカー

無料コーヒーあり

無料のコーヒーが飲めるので、テラス席で食べる方にはありがたいです。

楽楽のパンの種類

店内はちょっと狭めですが、パンの種類はたくさん。

楽々の店内に並ぶパンたち

価格帯もリーズナブル。具材たっぷりのパンが買えます。

極太ソーセージパン

極太ソーセージパンのジャーマンポテト風(310円)

楽々の明太子パン

明太子バターパン(270円)

楽々のメロンパン

人気No.3のメロンパン(左:210円)とNo.1の味噌パン(右:210円)

楽々のカレーパン

牛筋黒カリー(210円)

無添加で国産小麦使用なのに、どのパンも安いですね。

犬用のおやつパン

犬用のおやつパンもありました。愛犬家にはウレシイですね。店主さんがゴールデン・ラブラドールレトリーバーを飼っているようです。

犬用おやつパンの原材料

原材料名:北海道産小麦粉・かつお節・そうだかつお節・さば節・油脂砂糖・ベーキングパウダー

名物「味噌パン」のお味は?

楽々で購入したパン

いろいろと迷いましたが、

  • 味噌パン(210円)
  • 牛筋黒カリー(210円)
  • ビーフシチューパン(210円)
  • 極太ソーセージパンのジャーマンポテト風(310円)

の4つを買いました。

看板商品の味噌パンは、北海道産小麦と餅粉をブレンドし、埼玉産の材料にこだわった秩父味噌を練りんだパン。

焼きたての味噌パン

懐かしく、ほんのり甘いパンです。外側にクッキー生地を使用しているので、さっくりしています。メロンパンのような食感ですね。中はしっとり。味噌の風味はそこまで強くはなく、程よく口の中に広がります。美味しいです。

楽々の味噌パンクッキー

味噌パンは、クッキーもあるのでお土産にも人気。

私のお気に入りは極太ソーセージパンのジャーマンポテト風(310円)。ジューシーで食べ応えのあるソーセージが、男の胃袋を満たしてくれます。これで300円って安すぎ。

楽々のビーフシチューパン

ビーフシチューパン(210円)

妻のお気に入りはビーフシチューパン。すごくに気に入ったのでリピート購入しました。

まとめ

川越市の人気のパン屋「楽楽」の美味しいパンをご紹介しました。川越にはいろんな名物がありますが、ここのパン屋さんもおすすめ。テラス席で座って食べられるので、観光に疲れたら休憩ついでに食べてみてくださいね。

楽楽の近くには、菓匠右門の絶品「揚げたて芋けんぴ」もあるので、ぜひ立ち寄ってみてください。

関連記事
川越市「ハンドメイドベーカリー ニコリ」でパンを食べたレビュー
川越市「ハンドメイドベーカリー ニコリ」でパンを食べたレビュー

埼玉県川越市仙波町にあるパン屋「HANDMADE BAKERY nicori(ハンドメイドベーカリー ニコリ)」のレビュー記事です。川越に住んでいるパン好きの方はぜひチェックしてみてください!

続きを見る

パン好きにおすすめ

パンは“焼きたて”こそ最高。
パンドなら、食べる時が焼きたて。

Pan&(パンド)はコチラ

スポンサーリンク

著者

この記事を書いた人

坂戸市民

生まれは春日部、育ちは鴻巣。ヤオコーが好き。埼玉県坂戸市には2016年から住んでいます。プロフィール

あなたへのおすすめ

-パン屋
-

© 2020 坂戸図鑑