坂戸市民による観光・グルメ・暮らしの情報ブログ

坂戸図鑑

ブログを「さかろん」配色にリニューアル!

おでかけ 観光

「サイボクハム」に行ってみた~おすすめグルメや見どころを徹底紹介

更新日:

この記事は約10分で読めます。
サイボクハム

https://sakado-blog.net

埼玉県日高市の牧場「サイボクハム」。おいしいお肉が食べられたり、温泉に入れたり、豚を間近で見られたり…と、大人も子どもも楽しめる人気観光スポットです。

坂戸市民
最高でした!

今回は、そんなサイボクハムに実際に行ってきたので、おすすめグルメや見どころをご紹介します。

「サイボクハム」ってどんな牧場?

サイボクハムとは?

サイボクハムのエリアマップ

施設名サイボクハム日高本店
住所埼玉県日高市下大谷沢546
入場料無料
駐車場1,000台(無料)
営業時間平日 9:00~18:30
土日祝 8:45~18:30
定休日毎週水曜
祝祭日・特定日は営業
7・12月は無休
滞在時間1~2時間(目安)

概要

サイボクハムは埼玉県日高市にある牧場。年間約400万人が訪れる、埼玉県内でも人気の豚のテーマパークです。

近代養豚の父と呼ばれた笹崎瀧雄氏が創業し、敷地内にハム・ソーセージ工場(一般見学は不可)やミートショップレストランを備え、作り立ての加工品が味わえます。トントンハウスやミニアスレチックなど、遊べる施設も充実。

坂戸市民
要は、豚肉が堪能できるところです。

営業時間と混雑

サイボクハムの営業時間は、

  • 平日 9:00~18:30
  • 土日祝 8:45~18:30
  • 水曜 定休日

です。

週末になると混雑しますが、レストランやフードコートで何十分も待つことはありませんでした。直売所も多少は混雑しますが、ストレスを感じるほどではありません。

テレビでたまに紹介されるので、その直後は多少の混雑はあるようです。

[スポンサーリンク]

入場料と割引

サイボクハムは

  • 入場無料
  • 駐車場も無料
  • 豚の見学も無料

です。飲食代のみ掛かります。

坂戸市民
車止めるのも遊ぶのもタダ!

入場が無料なので、割引券はありません。天然温泉花鳥風月は、割引クーポンがあります。

アクセス

サイボクハムにアクセスするには、車かバスを利用します。敷地内に広い駐車場(無料)があり、約1,000台は駐車できます。週末は混雑しますが、車が停められなくなるほどではありません。

アクセス方法の詳細は、公式サイトが参考になります。

サイボクハムの銘柄豚

サイボクハムに行くなら知っておきたい銘柄豚が、

  • GP(ゴールデンポーク)
  • SGP(スーパーゴールデンポーク)

の2品種。

坂戸市民
どっちかは食べてください。

70年以上かけ、おいしさを追求した銘柄豚です。本場ヨーロッパのコンテストでもその質の高さが認められ、受賞したメダル数は1,000個以上もあります。

GP(ゴールデンポーク)

ランドレース、大ヨークシャー、デュロックの3品種を掛け合わせた豚。

優秀な血統の豚を掛け合わせ、赤身と脂身のバランスが絶妙。やわらかくてコクがあり、豚肉そのものの旨味が味わえます。

SGP(スーパーゴールデンポーク)

バークシャー、大ヨークシャ―、デュロックの3品種を掛け合わせた豚。

黒豚の脂の甘みがあり肉のきめが細かく、上品で繊細な味わいが特徴です。

サイボクハム5つの見どころ

サイボクハムの見所は、

  1. 天然温泉花鳥風月
  2. 楽農広場
  3. トントンハウス
  4. レストランサイボク
  5. ミートショップ

の5つ。

温泉に入らないのであれば、滞在時間は1〜2時間程度。

サイボクハムの広さは東京ドームおよそ2個分と広大ですが、1日中遊べるような牧場ではなく、美味しいグルメを食べたり土産を買うことがメインとなる短期滞在スポットです。

天然温泉花鳥風月

サイボクハムの天然温泉

天然温泉花鳥風月の外観

天然温泉花鳥風月は、サイボクハムの敷地内にある温泉です。療養効果の高い成分を多く含み「療養泉」に認められた天然温泉

園内で遊んだり、買い物を楽しんだ後に入浴するのがおすすめ。エステやレストランも併設されています。

温泉内のレストランでは、サイボクハムの豚肉や楽農ひろばの野菜を使った健康志向のメニューがそろいます。

入浴料は、平日1,100円、土日祝1,350円。タオルの料金も含まれているので、手ぶらで楽しめます。

楽農ひろば

楽農ひろばは、サイボクハムの堆肥を使って生産した野菜を中心に販売する農産物直売所。

珍しい野菜や卵、おいしいお米なんかの販売もあります。平均してすごく安い訳ではありませんが、たまに激安野菜を発見できます。

秩父のお土産「ポテくまくん」のポテトチップなども売っていました。

トントンハウス

サイボクハムのトントンハウス

トントンハウスの豚

トントンハウスは、子ブタを見学できるサイボクハムの人気スポットです。

坂戸市民
無料でブタを見られます。

入場は無料。2019年時点では、3匹の子ブタがいました。子ブタがご飯を食べたり、お昼寝をする姿を観察できます。

豚は間近で見学ができますが、「人」から「豚」に病気を移してしまう可能性がある※ため、豚に触ることはできません。※豚から人に病気が移ることはありませんのでご安心を。

トントンハウスの隣にはミニアスレチックがあります。

サイボクハムのアスレチック

サイボクハムのアスレチック

子ども専用の木製のアスレチックで、吊り橋やロープネット、滑り台もありました。

レストランサイボク

サイボクハムの敷地内にあるレストラン。サイボクハムで飼育された豚のロースかつやポークステーキなどが堪能できます。

坂戸市民
美味!

サイボクハムの豚は血統書付きのエリート家系の生まれで、飼育環境も徹底されているので普通の豚よりもやわらかく、おいしいです。

1番人気のメニューは「ロースかつ」。ゴールデンポークのやわらかさを最大限に生かした定番メニューです。フルーティーな自家製サイボクソースとの相性もバツグン。

ミートショップ

サイボクハムの直売所

サイボクハムのミートショップ

ミートショップは、サイボクハムの敷地内にある直売所です。自社牧場産の銘柄豚を使った精肉や加工肉などのお土産が購入できます。ウインナーやお肉の試食もやっています。

サイボクハムの直売所

サイボクハムの直売所

発売以来ロングセラーの大人気商品「ポークウインナー(589円)」はここで買えます。

サイボクハムのおすすめグルメ

サイボクハムと言えば、レストランサイボクのロースかつが人気ですが、

  • スペアリブ
  • コロッケ
  • もつ煮込み※

も食べてみてください。どれもおいしかったです。

※もつ煮は期間限定

スペアリブ

サイボクハムのスペアリブ

スペアリブ 450円

SNS映えしそうなインパクト抜群のスペアリブ(骨付き肉)。

坂戸市民
サイボクハム名物です。

弾力があるけどやわらかくてジューシー。食べ応えがありますが、女性でも1つペロッと食べてしまいます。

[スポンサーリンク]

サイボクゴールデンポークコロッケ

サイボクハムのコロッケ

サイボクゴールデンポークコロッケ 160円

衣がサックサクで、中身がほっくほくのコロッケ。中心にサイボクハムのお肉が詰まっています。

もつ煮込み

サイボクハムのもつ煮

もつ煮 500円

冬季限定のもつ煮。「もつ」と言えば独特な触感が特徴ですが、サイボクハムの「もつ」はやわらかかったです。独特の臭みが嫌いな人にはおすすめしませんが、「もつ」が好きな人にはおすすめです。お肉も野菜もゴロっと入っていました。

サイボクハムで絶対買うべき土産3選

帰宅する前に買いたいお土産。個人的には、

  1. 満洲×サイボクの冷凍餃子
  2. ゴールデンポークのみそ漬け
  3. 直営工場で作られたウインナー

の3つのお土産がおいしかったのでおすすめです。

お土産はミートショップで販売しています。

満洲×サイボクの冷凍餃子

サイボクハムとぎょうざの満洲のコラボ餃子

サイボクハム×ぎょうざの満洲のコラボ餃子

「3割うまい!」でお馴染みのぎょうざの満洲とサイボクハムがコラボしたプレミアム冷凍餃子。

ぎょうざの満洲はもっちりした厚みのある皮と、国産野菜がぎっしり詰まった具が特徴。プレミアム冷凍餃子では、さらにジューシーなぎょうざが味わえます。

ゴールデンポークのみそ漬け

サイボクハムのソーセージのお土産

ウインナー(左)みそ漬(右)

埼玉県秩父市名物の「みそ漬」。秩父まで行かないとなかなか食べられない名物ですが、サイボクハムに行けばお土産で買えます。しかも、ゴールデンポークのみそ漬。

坂戸市民
みそ漬がすごくおいしかったです。

直営工場で作られたソーセージ

サイボクハムのハム・ソーセージは、本場欧州の国際食品品質競技会でも連続で金メダルを受賞するなど、世界的にも高い評価を受けています。

ソーセージはノーマルタイプのほか、ホワイトウインナーやあらびきなども取り扱っています。

お土産は通販でも購入可能

サイボクハムのお土産は、通販サイトでも購入が可能です。通販サイトではギフトメインですが、ご紹介した「みそ漬け」や「ソーセージ」なんかも買えます。

サイボクハムに行くのが難しい方は、通販サイトものぞいてみて見てくださいね。

【公式通販サイト】 保存料無添加「サイボクハム」

まとめ

サイボクハムは、食と健康のユートピアをテーマにした「豚のテーマパーク」です。自社生産の銘柄豚肉やハム、ソーセージなどをその場で味わうことも、お土産として持ち帰ることもできます。

坂戸市民
今度の週末、ぜひ遊びに行ってくださいね。

また、サイボクハムの近くには「醤遊王国」や「加藤牧場」など、食にまつわる観光スポットがあります。時間に余裕があったら、そちらにも遊びに行ってみてください。

\SHARE!SHARE!/

-おでかけ, 観光
-

Copyright© 坂戸図鑑 , 2019 All Rights Reserved.